東海大学の郡司陽大選手。兄箱根経験者!粘りの走りを期待。

今年の東海大学は夏の合宿で故障者が多く出てしまったみたいで、出雲と全日本は主力が揃いませんでした。

その中で中堅クラスの選手が駅伝デビューを果たしたのですけど、その中で私が期待しているのは、郡司陽大選手(3年)。

粘り強さが持ち味の選手です。

駅伝デビューした今シーズン、トラックでも自己ベスト更新

今シーズン(2018)出雲では5区で区間3位、全日本では6区で区間2位で持ち前の粘りを発揮できたんじゃないかと思いました。

トラックシーズンの時も1500mと3000mで自己ベストを更新していました。

・8月1日の東海大種目別競技会で1500m 3分52秒52で自己ベスト更新

・7月7、8日の東海大学長距離競技会で3000m 8分09秒60で自己ベスト更新

郡司くんが積極的な走りができて自信がついたというハーフマラソン。こちらも好記録。

・5月13日の仙台国際ハーフマラソン 1時間03分23秒

長い距離が得意なイメージですけど、スピードもしっかりついててさすが東海と思ってしまう。

気合を入れて坊主にした夏

今シーズンの駅伝で郡司くんを観た時ビックリしたんです。頭がぼーぼーとしていて(表現が雑ですみません)。坊主頭から伸びかけみたいな。「郡司くん、こんな頭だったっけ?」と思ったんですよね。そしたらテレビの実況で夏合宿の時に気合入れで坊主にしたと知りました。

大学生で坊主の選手はあまりいないから、相当気合入れたんだなと思いました。故障もなく練習できたようだし、その後駅伝でも出雲、全日本と出場して常連メンバーとなりましたね。頼もしい!

今月の壮行会では髪型が変わっていて、ツーブロックなのかな?(合ってますか?)気合入った髪型になってました。

お兄さんも箱根を走っていた

郡司くんにはお兄さんがいるようです。小森コーポレーションに在籍している貴大さん。2019ニューイヤー駅伝は補欠でエントリーされています。当日変更で走るかも。

駒澤大学時代に箱根駅伝に出場経験があり(8区)、今回郡司くんも出場したら兄弟で走ったことになりますね。すごい。

マキシマム ザ ホルモンが好き

郡司くんのツイッターを見ていたら、マキシマム ザ ホルモンが好きなんだなーとわかる。自己紹介のところも腹ペコランナーになっている!

最近のツイッター。どうミスっちゃったのでしょう?買えてよかった!

私も昔旦那の影響でマキシマム ザ ホルモンをよく聴いてた時期がありましたー。うん、走るときとかアゲアゲになれそう。

今回の箱根駅伝では10区でエントリーになっています。一人で走る可能性が大きいけど、郡司くんは一人でも粘って走れるはず!応援してます!!

 

箱根駅伝についての記事です、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

・【2019箱根駅伝】東海大学の館澤亨次選手。1500mで活躍しながら箱根も走る!鼻のテープが目印。

・【2019箱根駅伝】東海大学の中島怜利選手。ハーフ、フルマラソン向きと思ったけど、スピードもある!

・【2019箱根駅伝】駅伝が100倍楽しくなるおすすめ本「箱根駅伝ノート」の感想。

・【2019箱根駅伝】東海大学、秋田工OBの湊谷春紀選手と松尾淳之介選手の活躍を期待している!

・【2019箱根駅伝】活躍しそうな注目選手を予想!ランキング結果や区間賞はどうなる?

0