駒澤大学陸上部のインスタを見て涙。

このインスタを見て涙が出そうです。

大八木監督、同じような状態なら今後のために若い選手を・・・と4年生数名をメンバーにしませんでした。

大八木監督はこういう時なら4年生を使うんじゃないか(4年生最後の箱根ですし)と思っていたのでビックリしました。

普段の大八木監督は熱血な感じでテレビで放送されてますが、箱根の采配は人情的な判断をしていた時もあったのです。

数年前かな、4年生を使ったのですけど、その選手しばらくの間ある症状で苦しんでました。

なんですけど、大八木監督4年生だからというのもあったのか、走らせました。

やはり途中でその症状が出てブレーキになった、というのがありました。

 

箱根ってやっぱり特別なんだろうなぁと思います。

メンバー変更で外れる選手に伝えるのも監督でも辛いといいますもんね。

 

今回の大会では、青山学院の原監督がキャプテンの神林くん(4年)をどうしても走らせたいと、途中棄権でシード落としてもいいから10区で走らせたいと選手達に涙目になりながら言ってるのをテレビで見ました。

神林くんは大学で陸上競技も引退することが決まっています、それもあって余計走らせたかったと思います。

神林君は自分よりいい状態の選手がいるから、チームのために他の選手を使って欲しいと監督に言って裏方に回ることになりました。

 

4年生、今年は大会もほとんどなく、練習もこれまでとは変わってしまい本当に大変だったろうなと思います。

本当にお疲れさまでした!

0