新聞で知る。

朝、母が新聞を見ながら突然私を呼びました。

なんだ!?と思ったら、お悔やみ欄に先月入院した時に仲良くなった人が載ってた・・・と。

母、悲しんでいました。

同じ年で、同じすい臓がんの方でした。

「入院したとき同部屋で色々良くしてもらったのよ」と母がいつも私に教えてくれました。

退院するとき、荷物を運ぶのに病室まで入ることができたので、私も会ってご挨拶してきました。

「母がお友達ができて色々とお話できたのをいつも楽しそうに教えてくれました」とお礼を言いました。

「私も楽しかったのよ〜」と。

穏やかで優しい印象の方で、私にも気さくに話かけてくれました。

退院してから2週間後に外来診察があったので、その時に面会できたら会いましょうと約束していました。

2週間後、病院に行って面会できるか確認したのですが、緩和ケア病棟に移動した…ということで会えませんでした。

母はかなりショックを受けていました。歩くことはできなかったけど、普通にお話はできたので、短期間でそこまで病状が深刻になるとは…、と思ったみたいです。

それから約2週間後、お亡くなりになられたことを知りました。

天国でゆっくり休んでください。

素敵な思い出、ありがとうございました。

0