オトナのタイムトライアル、2018のエントリーはもうすぐ。ペースメーカーが豪華!?

最近、「オトナのタイムトライアル(OTT)」という大会があるのを知りました。市民ランナーが大会で走るとなるとマラソン大会!?と思ってました。なんとトラックで走れるのです。

オトナのタイムトライアルとは

2013年7月に初開催した『オトナのタイムトライアル』(OTT)。 代々木公園にくじ引きにいき、織田フィールドの使用権をゲットしたところからすべてが始まりました。

募集サイトを手作り、足自慢のペースメーカーを勧誘し、給水や救護の準備。レース当日も参加者の周回数を手作業で数え、タイムも計測しました。

まさに手弁当でつくってきた草トラックレースです。

オトナのタイムトライアルより引用

市民ランナーもトラックで走れるという大会なんです。参加資格でタイムの制限はありますが、それをクリアしていれば中学生以上なら誰でも参加できるというもの(中学生以下は保護者同伴で参加)。小学4年生~6年生でキッズ1000mという種目もあります(こちらは持ちタイムの制限なし)。大人は1500mと5000mの2種目です。

ペースメーカーがつくらしいけど、そのペースメーカーがすごい

ペースメーカーに毎年東京大学陸上部の選手が参加されるようなんですが、その他にも箱根駅伝やニューイヤー駅伝で活躍した選手がペースメーカーをして走ることもあるそうです。それにビックリしました。一流ランナーと一緒に走れる機会はそうそうないと思うのでドキドキしそうですが(笑)、でもやる気がアップしますよね。トップレベルの選手が自分たちの自己記録更新の為にペースを作って一緒に走ってくれる・・・、考えただけで嬉しくなるシチュエーションじゃないですか?

[ad]

オトナのタイムトライアル 2018の日程は

2018年は4月30日(月・祝)に開催されます。大会要項はこちらのオトナのタイムトライアルのホームページで確認できます→こちら

エントリーは2018年3月26日(月)から、スポーツナビDoで開始となっています。「どんな大会なのかな」と気になったあなた、ぜひチェックしてみてください!

中高時代陸上部だった私、トラックを走った時は辛かった記憶が多いですが、でも走り終わった後のやり切った感が爽快で今も覚えています(ランナーズハイというものですかね)大人になった今、再びトラックで走るとどんな気持ちになるんだろう。いつか出てみたいな。きっとまた辛くなると思う(笑)。でも、走ることが好きな人同士で走る&ペースメーカーの励まし&運営スタッフの方やボランティアスタッフの方、観客の方とみんなで作る大会・・・、想像すると学生時代の時より楽しいかも!なんて思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています、クリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[ad]
0