4年生の皆さん、卒業おめでとうございます。

大学陸上競技部の4年生の皆さん、卒業おめでとうございます。

今年度もトラック、駅伝、マラソンで4年生の皆さんにはたくさん元気、希望、勇気をもらいました。

今年度の4年生は各学校それぞれに応援したい選手がたくさんいたから、テレビで試合を観るたび応援している選手が走っていて、観ていて楽しかったです。

4年生の皆さんの頑張る姿に触発されて、私も10kmですがマラソン大会に復帰することができました。

これからハーフマラソン、フルマラソンにもチャレンジしたい!

練習してないけど(汗)、これからまた練習頑張ります。

一番応援していた東海大学の皆さん。

みんな笑顔が素敵!

View this post on Instagram

. 本日、学位記授与が学部で教室に別れて行われました。 卒業生の門出に見合った晴天となり、桜で彩られたキャンパスは卒業生の今後の活躍をおおいに期待しているかのようでした。 日頃より東海大学中長距離ブロックを応援してくださっている皆様と同じく、卒業生も大きな期待と夢を膨らまして4年前に入学してきました。 素晴らしい記録と記憶を残して、その上で最終学年の4年生時には、厳しさと愛情で私たち後輩に何か残せるものがないかと様々な面でチームを牽引していただきました。 2020年度のチームは、お世話になった先輩方に結果は勿論、それ以外の面でも恩返しができるように昨年度以上のチームとなっていきたいと思います。 お世話になりました。 集合写真は4年間の思い出が詰まった競技場前で撮影し、とても爽やかな笑顔でした! ご卒業おめでとうございます。 . #GoTOKAI #令和の常勝軍団へ #StayHumgry #東海大学 #卒業式

A post shared by 東海大学陸上競技部長距離ブロック (@tokailong) on

入学した時から黄金世代と呼ばれ常に注目されていた学年。

(高校3年生の全国駅伝で上位に入った選手がたくさん東海大学に入学したのです)

年度は違うけれど、2年生の時の出雲、3年生の時の箱根、4年生の時の全日本での優勝を見れたことはとても嬉しかったです!

怪我に悩まされていた選手も多く、私は一人一人の選手のことを詳しく知ることはできないですが、それでもテレビ、雑誌、ネットでそれぞれ色々な苦労があったのがわかり、それを知ったうえで走りを観るといつも感動で泣きそうでした。

いや、泣いていたことも数知れず。

一生懸命な走りにいつも心を動かされていました。

これからも皆さんの活躍を楽しみにしています!

走ることの素晴らしさを教えてくれてありがとうございます!

0