母、骨折で救急搬送(その2)。

前回の続きです。

関連記事

朝の9時過ぎに母からLINEが来ました。実際のLINEの画面です、母と妹と私のグループLINE↓「助けて」の言葉を見た瞬間、血の気が引きました。すぐ電話したら、「右足が動かない…」と言われたような。(気が動転[…]

急いで実家に向かったのですが、高速を使って頑張っても1時間はかかります。

その間に救急車の方から連絡がありました。

「家に着いたけど、ピンポン鳴らしてもドアが開かないです」

※119をした時点で「一人で住んでるので鍵が閉まっているかも」とは伝えていました。

「もし開かなかったら、最終的に窓を壊しても大丈夫ですか?」

と聞かれていたので、もう仕方がないと思い、「壊してもらっても大丈夫です」と言ってました。

「あとどれくらいで着きそうですか?」

と聞かれたのですが、

「まだ40分くらいかかりそうです・・・」

と。

「そうですよね、ちょっと管理人さんのところに行ってみますね。」

ということで一度電話を切りました。

 

そのまましばらくしたら再度救急の方から電話があり、

「救急車に乗せることができたのでこれから病院に搬送しますね」

と連絡が!

どうなって救急車に乗ることができたのか、その時は全くわからなかったけど、とにかく救急車に乗せてもらえたんだ・・・と。

まだ私の気は動転したままでしたが、急いで実家に向かいました。

0