強迫性障害!?運転中の加害恐怖をなんとかしたくて行なったこと。

  • 2019年10月5日
  • 2019年10月6日
  • 健康

今年の冬くらいから半年くらい、運転していて何か物とか雪山とかにぶつかったじゃないかと不安になり、気になって気になってしょうがなくなりその場に戻って確認・・・、だけどその場を離れて家に帰ろうとするとまた気になる・・・というのを運転するたびに繰り返していました。

当たった音は一切していないので、もちろん当たってないのですが、「当たったかもしれない」という不安に襲われます。

ただ通り過ぎただけなのに不安になる。

一人だったら気の済むまで確認できますが、子どもと一緒だと「なんでまた戻ってるの?」と言われて気まずい・・・。

何といったらいいのかわからなくて「ちょっと忘れ物したかも・・・」と言って戻ってましたが、自分でもこの行動おかしいな、と思い始めました。

強迫性障害なのかも

ネットで調べてみたら、強迫性障害というのが出てきてまさに自分の行動と同じでした。

不安障害の一つに分類されるらしいです。

強迫症状がいくつかようですが、その中の「加害恐怖」がぴったり当てはまりました。

これだと思ったんですけど、この症状、治すことはできるのだろうか、となりました。

対処法。気になるけど・・・、確認しない

「確認しに行きたくなるけど、確認しに行かない」ということをするようにしました。

ものすごく気になるんですけど、今までもそうだったように実際には何も問題が起こっていないので確認しに行っても何もないんです。

なので見に行かない。

調べていて「もし本当に何かにぶつかったりしたらすごい音だから絶対わかります」という言葉にも確かにそうだなぁと思いました。

最初は、こんな状態なので「運転が怖いから運転しないようにしよう・・・」と思ったんです。

だけど、生活するうえでどうしても車の運転はなくすことができない。

なので運転をやめることはしないで、最初は本当に近所のスーパーまでとか短い距離からで「やっぱり何もない」という確信をもてるようにしていきました。

今はゼロになったわけではないですけど、「前のような運転するたびに不安になる」というのはなくなったのでよかったと思います。

人それぞれに症状の度合いがあると思うので、病院で診察受けたりする場合がいいこともあるかもしれませんが、こういう場合もあるということを誰かのお役に立てればいいなと思い書いてみました。

0