【自己紹介】好きなこと。走ること。遅くても走る理由。

私の自己紹介というか、好きなものについて書こうと思います。

陸上との出会いについてです。

小学時代

低学年の時は走るのが遅かったんです。運動会の徒競走もマラソン大会も真ん中より少し遅いぐらい!?

それが4年生の時から少し早く走れるようになりました。

きっかけは親戚の家に行った時に長い時間ちょっとマラソンっぽく走ったことがあって。その時何故か長い距離を走れた感覚があったんです。いつもはゼーゼーハーハーですぐ疲れてたのに、疲れなかったんですよね。

それから運動会もリレー選手に選ばれたり、マラソン大会でも上位に入れるようになりました。

中学時代

本当は吹奏楽部に入りたかったんです。中学入学と同時に転校したのですが、転校先の中学校に吹奏楽部がなかったという。

仲良くなった友達が陸上部に入るというから私も・・・と入ったわけです。(単純すぎる)

短距離は遅かったので、中距離で800mの練習をしていました。練習はしてても早く走れず、大会でも遅いほうでした。

高校時代

高校から新しいことできないな・・・と思い、陸上部へ。高校でも800m。高校の練習は本当にきつかったです。でも3年生から予選では1位になれた時もあって嬉しかったです。

高校では毎年マラソン大会があったけど、バスケ部の一番長距離早い人に勝てなくて。

向こうはバスケ部で私は陸上部で走るのを練習してるのに勝てないなんて…。と恥ずかしいやらモヤモヤした気持ちのことがあったのを覚えています。

大学時代

陸上はいっさいやってませんでした。

社会人~現在

就職して引っ越してきた市内で毎年大きなマラソン大会がありました。走ってみたいなと思いハーフマラソンに参加して完走できました。

15kmまでは頑張れたけど、そこからガクッと足が動かなくなり2時間30分かかりました。完走できたことは嬉しかったけど、前半抑えてたらもう少し早くいけたかも、という後悔も少し残りました。

その後結婚、出産、子育てと続いてマラソン大会に出たのはまだ1回だけです。

早く走れない自分が恥ずかしかった

中学の頃から、陸上部にいるのに特別早いわけでもない自分が恥ずかしい感じでした。クラスの中では早いけど、大会に出ても全く結果を残せなくて。

友達は全道大会に進んだりしていて「すごいな」「いいな」と思っていました。

でも辞めようとはならず、6年間続けました。他にできるものだったり、やりたいと思うものだったり、そういうのが自分の中で見つからなかったからだと思います。

辞めなかったのは、走るのはそれなりに好きだったのかな・・・。

早く走れないのに、なぜ走るのか?

陸上、特に長距離は練習すればするほど早く走れるようになると思います。走ってる時は孤独で辛いけど、走り終わったときの達成感はすごくてテンションが上がります!

子どもの頃から不器用でドジな私でも「自分でもやればできる」というのを感じれたのが嬉しかったんだと思います。

ついつい周りと比べてしまうけど、昔の自分と比べてみると早くなっている。

やればやるだけ進歩があって、それが嬉しいから今も走っているんだと思います。

走るのってお手軽!

マラソンはジャージとシューズがあればどこでも練習できる手軽さがいいところだと思います!

走りに行くまでが面倒くさいというか気合がいるんですけど(笑)、いつでもどこでもできるところがアラフォーになった今でもやろうと思える理由なんじゃないかと。

基本一人で走るから誰かと約束する必要もなく、思い立った時にすぐできる。

自分のペースでできるのがいいです。

と言っておきながら、時々誰かと一緒に走れたら楽しいだろうなぁとも思ったりしてます(笑)マラソン大会とか一緒に出れたら楽しいそう!とか。

そんなことを考えて今は少しずつまた走ったりしています。

 

 

 

0