子供に座薬を使用、どのくらいから効き始める?何時間効果がある?

ちあきです。

先月、娘と息子がそれぞれ熱を出しました。2人とも1週間近く熱が下がらなくて。娘は原因不明のウイルス感染、息子は溶連菌+マイコプラズマ肺炎でした。今回は二人ともけっこう座薬を使ったんです。

座薬はいつも熱の時に使ってたんですけど、今回息子は高熱+頭痛の症状がありました。「頭が痛い」とすごく苦しんでいたので座薬を使った時に早く効いてほしい、どのくらいで効くんだろうと思ったんです。

今日は子どもに座薬を使った時にどれくらいから効き始めるのか、どのくらい効果が続くか、について書こうと思います。

[ad]

子供に座薬を使用してどれくらいで効果が出るか

ネットで調べてみると早い時は30分くらいから、だいたい2~3時間後に効果出ると書かれていることが多いです。

私の体験では座薬を使ってから2時間半~3時間くらいが一番薬が効いて熱が下がる感じがします。ただ熱が上がりきってない時とかは座薬を使っても熱が下がらない時があります。

座薬を入れて子供に少し寝てもらって、2~3時間経ったら熱を測る。そこで37℃台に下がって少し元気になることが多いので、そのタイミングで汗をかいていたら着ているものを全部着替えて、ご飯を食べたり、飲み物を飲んだりさせます。

効果はどれくらい続くのか

これもネットで調べてみると約4時間というのが多かったです。

私が子供に座薬を使った時は、3時間くらいで熱の下がりがピークになってそれからはまた徐々に上がる感じです。6時間経つとまた元の高熱に戻ったり。そのまま下がる時もあります。

続けて使う場合には6時間以上あけないといけないので、6時間を目安にしてまた熱を測る。それからまた座薬を使うのか、使わないのかを考えます。

[ad]

病院に行くときにはメモがあると便利

座薬を使ってから病院に行く場合、

何時に座薬を使用したか

座薬の使用した時の体温、その後どのくらいまで体温が下がったのか、それとも下がらなかったのか

これをメモしておくとよいと思います。昔、座薬使った後に途中どのくらいまで下がったのかを先生に聞かれたことがあったんですけど、私2~3時間後の体温測り忘れてたんですよね。そしたら「ちゃんと測っておいてね」と言われました。ダメな母親だわ…と落ち込んでしまいました。メンタルが弱すぎですが(汗)。私のような失敗をしないように、座薬を使った時は3時間後にでも体温を測ってメモしてみてください!

まとめ

・座薬を使用した時、3時間後くらいが一番熱が下がる

・座薬を使い始めて6時間後くらいには効果がなくなる

・座薬を使う時の体温と座薬を使って2~3時間後の体温を測ってメモしておく

座薬の入れ方に何度も失敗して色々調べた結果この方法に落ち着きました。座薬の入れ方で困っている時はこちらも見てみてください!

→病院でもらった坐薬、痛くない入れ方とコツ。(子ども編)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してもらえると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

[ad]
0