椅子脚カバー、取れない&ずれないものを探しました。かわいいより実用性!

ダイニングテーブルにある椅子の脚カバーを付け替えました。

脚カバーの古くなってきてゆるくなったからか、日々の生活や掃除の時にイライラしていました(笑)ついに我慢の限界になり買い替えることに。新しくしてからすっかり快適になったのでそのことについて書きます。

付け替える前の悩み、ずれて脱げてくる

もともと買った時に椅子の脚部分にフェルトが付いていたんですけど、毎日座るのに動かしたりしていたらフェルトが剥がれてきてしまいました。それでチェアソックスを購入してつけることに。

最初はよかったけど、時が経つうちに

・底の部分が靴下のように穴があきそうになり、椅子の脚がほぼむき出しで付けてる意味がない

・生地がゆるんできて椅子を動かすと脱げてくる

が気になるようになりました。

私が一番苦痛だったのはカバーが脱げてくるところでした。

一回一回カバーを上げてもまた脱げてくるからそのうちだらーんと半分脱げたまま放置しておくことも。そして掃除機かけるときに椅子を動かすたび靴下が脱げそうになる。

そこまで放っておく私も私ですが、ゆるゆるになった椅子脚カバーにものすごいストレスを感じていました。

ベルメゾンで新しい椅子脚カバーを購入

ベルメゾンのカタログを見ていて、偶然見つけた「脚ピタキャップ」。シリコン製で足にぴったりフィットするところがいいなぁと思って購入してみました↓

椅子がスムーズに動く脚ピタキャップ4個セット
icon(クリックするとベルメゾンの商品ページに移動します)

底の部分になる外側のフェルトが思っていたより厚くていい感じです。

付け方は簡単でした。表裏をひっくり返して椅子の足底に合わせたらシリコンの部分をひっくり返すだけ。

付け替える前の我が家の椅子足の状態がこちら↓

使い続けたチェアソックスがゆるゆる&だらーんとしています。

付け替えるとこうなりました↓

見た目がすっきりしました!

アップの写真はこちら↓

価格はチェアソックスと比べると少し高めに感じます。

だけどチェアソックスは使っているうちにゆるくなって何回も買い替えると思うんですよね。それと比べるとこの脚ピタキャップは長持ちする気がします。長い目でみるとお得な予感。

まとめ

椅子の脚にぴったりフィットするものに付け替えたことでずれたり脱げたりすることがなくなりとても快適になりました。

ベルメゾンの商品は丸脚と角脚のタイプ、丸脚はSMLとサイズがあるので家の椅子にぴったり合うサイズを選ぶことができます。

家の椅子に合うものがあるかチェックしてみたい方はこちらからサイズ表が見れるのでチェックしてみてください。

(2020.3現在、角脚タイプのもののみ在庫があるようです)

椅子がスムーズに動く脚ピタキャップ4個セット
icon

今は日々の椅子を出し入れ、掃除機をかける時に動かしても何もストレスないです。これで日々のイライラがひとつ減りました。

・床がフローリングで傷防止、椅子の出し入れの音が気になる

・今使っている足カバーが脱げる、ずれるから取れないようにしたい

と悩んでいるママさんにおすすめです!

0