ディフューザーでメモリーオイルを使ってみました、加湿器にもなって便利!

メモリーオイルを使うとき、スプレーボトルで使っていたのですが、ディフューザーで使ってみたらとてもよかったのでそのことについて書きます。

メモリーオイルは空気中に放出するのが一番効果的です。

スプレーだと空気中にシュッとできるのですが、香りが続くのはそんなに長くない。

だけど、ディフューザーを使うと香りが続きます!

そして今の時期だと加湿器としても使えるので便利です。

私が今使っているのはこちらのアロマディフューザー


・USB接続ではなく、コンセントにさせる電源コードがあること
・寝ている間(6~7時間)動くこと
・ライトとしても使えること
・シンプルなデザイン

で探してこちらのアロマディフューザーにしました。

水を入れるタンクの容量が100mlで、連続運転だと約3時間、間欠運転(約30秒毎にオン・オフを切り替え)だと約6時間動きます。

日中は1~2回ほど補充が必要なのですが、そのタイミングで香りを変えたりもできるのでいいかなと思いました。

ディフューザーはお手入れが大変なのかな?と思っていたのですが、数日ごとにタンク内を拭いたりして乾燥させるだけなのでそんなに手間はかからないです。

ちなみに最近ディフューザーでよく使っているメモリーオイルはPurification(清浄)か、Releasing(手放し)です。

気分によって変えています。

とにかくお部屋を浄化、きれいにしたい、自分にとっていらないものを手放したい気持ちが強いこの頃です。

0