泣いてるのを聞くと辛い。

  • 2017年6月29日
  • 2017年9月14日
  • 日記

先日、パートから帰ってきたら、子どもたちが二人とも泣いていた。

娘はお昼寝から起きたのとお菓子が食べたくて泣いていた。

息子は温かいココアを飲みたかったらしく、旦那に自分で作ってみなと言われたらしい。それで電気ケトルでお湯を沸かしたけど、沸いてからケトル持つときに蒸気の吹き出し口を触ったらしく、指を火傷して泣いてた。

二人のギャーギャー泣きわめく声で帰ってそうそう、グッタリしてしまった私。

あまりに泣いてるから、ココア作り手伝ったら、今度は旦那に「一人でやらせて成功したーって体験を作らせたいから手伝わないで!」って怒られたよ。

あー、なんなんだよ。火傷してても最後までさせるものなのか!?(火傷した指はすぐ冷したりして応急処置はしてました)

という私の心の中の思いを、私はまたすぐに旦那に言うことができなかった。

思ったことをすぐに言えなかった。

私はいつも手伝ってしまってるのがよくないのか…とか余計なことまで考えてしまう。

辛い時間だった。

たぶん私の中で余裕がないです。

[ad]
+1