海外で働きたいと思った時に大学は国内の大学?海外の大学?

  • 2021年2月17日
  • 2021年2月23日
  • 英語

You Tubeで Kevin’s English Room というチャンネルがあるんです。

3人の男性で作られているチャンネルなんですが、最近知っておもしろいーと思って観ています。

そこで自己紹介の動画を観たのですが、すごいなぁと思ったことがあったんですよ。

海外で働きたい時、国内の大学を卒業するか、海外の大学を卒業するか

ケビンは日本、日本人に興味があって高校の時に日本にやってきたみたいですが、

それは将来日本で働きたいと思ったときに

「アメリカの大学を卒業してすぐ日本に来るより、早くから日本に来て言葉とか文化とかに慣れておいたほうがいいと感じた」

と言っていて。

中学生の時に既にそこまで自分で考えていたってことに「すごい!!!」驚きました。

私は先生だったかなぁ、もし海外で働きたいのなら最終的な卒業は海外の大学のほうが働きやすいと思うとどこかで教えてもらったのですけど。

(遠い昔すぎて、いつだったか思い出せないです 笑)

でも教えてもらったのは高校の時だった気がします。

だからケビンすごいなぁと思ったわけです。

英語を使って何をするか

そういえば中学の時の先生に、英語関係の仕事に就きたいなら、文学部で英語を学ぶ・・というよりは経済学部に行って英語も学びながら経済とか経営を学んだほ

うがいいよとアドバイスされましたけど、今もそうなのかなぁ。

でも実体験としてそう思います。

中学、高校の時に英語が好きでしたけど、英語を活かした仕事に・・・となると、

英語を使って何かをする

ということで英語は何かを表現するための「手段」なので、高校卒業したらなりたい職業に必要なものを学べるものをメインに、そして英語も学べるところがいい

なと思いました。

私は大学1、2年は外国語学部、3、4年は編入して文学部の大学に通っていました。

外国語学部の時はその中で言語、コミュニケーション、文化、国際情勢について専攻を決めて学ぶ感じだったのですが。

文学部の時は読み物読んだりするの多かったかな・・・。

今は昔よりたくさん学校も、学科などの種類も多いと思うので、自分の将来に役立つものを選べるといいですよね。

You Tubeを観ていてそんなことを思いました。

0