緒方龍一くんがw-inds.を脱退。

  • 2020年7月7日
  • 2020年7月10日
  • 音楽

6月に入ってすぐ、w-inds.の緒方龍一くんが心身症となり脱退したニュースを見ました。

w-inds.がデビューした時、私は大学卒業して就職する頃でした。

龍一くんと涼平くんが同じ北海道出身ということで親近感があり、デビュー当時からよく聴いていました。

ライブやファンクラブイベントなどにもちょくちょく行ってました。

時々聴かなくなったりしていたのですけど、衝撃を受けたのは2010年頃。

MTVのVMAJ(Video Music Awards Japan)でw-inds.とG-DRAGONがコラボした、Rain Is Fallin’ が最優秀コラボレーションビデオ賞を受賞して、その時のステージがものすごくかっこよかったのです!

今でもあのステージが一番好きかも。

それぐらいかっこよかったのですよ~。

その時の動画を紹介できなくて残念ですが、最近のでかっこいいのはこれ↓

今日急にw-inds.の曲を聞きたくなって、たくさん聴きました。

曲を聴くたびに、「この曲のときはこんなだったな~」とか鮮明に思い出すから、音楽ってすごいなぁといつも思います。

TOKYO聴いてたら、涙が出てきてしまった。

w-inds.のみんなもこんなこと思いながら過ごしてたのかな~とか。

私も大学の時に北海道から出てた時期があったので、共感できるところがあったり。

数年前から精神的に不安定だったと知って、ここ数年の動画とか見てたら、

「龍一くん、この時本当は辛かったのね。よく頑張ってたね。」と。

ファンのこと、w-inds.は3人で活動していることなど考えると、簡単に脱退とかできないものね。

だけど、心と身体の健康が一番。

龍一くんが自分のことを考えて今回の決断をしたこと、応援したいです。

正直まだ2人になったw-inds.をうまくイメージできないけど・・・。

涼平くんと慶太くんには頑張って続けて欲しい!

今日はちょうど七夕なので、「龍一くん、今までありがとう。心と身体、ゆっくり休めて幸せになって~!」とお願いしました。

この投稿をInstagramで見る

w-inds.(@w_inds100)がシェアした投稿

0